FC2ブログ

ハワイ

kkk.jpg
遠くに見えるのはダイヤモンドヘッドです。

一昨日ホノルルから戻りました。久しぶりに母を連れての海外旅行です。3月がお誕生日なのでお祝いもかねて。
家族でホノルルはひさしぶり~。

やっぱりいいですね、のんびりできるし、なにしろ暖かいし花粉はないし。極楽極楽~~~~~~~~~。

私は旅行中に新しい歌を覚えることが多いです。飛行機の中とか新幹線の中、そう道中暇なので、その間に歌詞を覚える時間にしています。今回も、一曲飛行機で覚えることにしました。何度も何度も歌詞を繰り返して暗記します。受験勉強みたいですね(笑)

歌詞って覚えるのは大変ですが、覚えてからが勝負というか、そこから歌い込みに入って曲になっていきます。
だからまずは歌詞を覚えなきゃ。でも不思議と道中で覚えることが多くてなんだかその時間が一番いいみたいなんです。
机にむかって覚えるっていう感じじゃあないんですよね。どうしてかしら?ほかの人はどうやって覚えているのかな。

そんなこんなで、ハワイまで来たのですが、高齢の母もいるし泳ぐわけでもなし、なんとなくの~んびりしていました。

今回母と過ごして、正直結構疲れましたね。同じようにお母様を連れてきていた友達も一緒だったのですが、彼女もかなり疲れていて、二人で慰めあっていました(笑)

年をとるとなぜかわがままになるというか、言うことがコロコロ変わるんですよね。いくと行っても行かないし。急に気が変わるし、
食べないといっても食べるし、とにかく付き合っていると大変です。

一番びっくりしたのは、友人と彼女のお母様、と私達親子4人で話していたときのこと。友人の亡くなったお父様が加山雄三そっくりのハンサムだったという話から何故かうちの父もハンサムだったと母が言い出した事。
確かに父はかなりハンサムな人でしたが、母が父を褒めているのは未だかつて聞いたことはありませんでしたから。
そこで張り合ってどうするのって感じです。

もっとびっくりしたのは、ハンサムだったと言ったあとで私のことを父親似で鼻が高いだとか言い始めたこと、

あのね、父は色黒だったから私のことを父親似と言ってただけでしょうが。おまけに父は鷲鼻で私と形が全然ちがうでしょうが、

色白で可愛い妹は親戚中でも評判で、その妹は自分に似ていると言い張っていたでしょうが。

あまりの調子の良さに私は呆れまくってしまいました。はぁ~この人長生きするわ~って。

今でこそ何とも思わないけれど、年頃の娘時代は傷つきましたよ。そんなこと全く母は気にしてなかったようですけど。

思い出しても父の発言で傷ついたことはなくても母には私達姉妹はかなり傷付けられたような気がします。
大阪の人ってそうなのかと最近思うのだけど、心のなかではそんなに思ってなくても悪いように大げさに言ってしまう。
それが性?そういうDNAなのかしら、といまでは妹とも冷静に分析していますが(笑)

本当は優しいのに、それを出せないのかな、なんて損な性格なのかも、なんて優しい私達姉妹は話しているわけです(笑)
それにしても、東京人の私達には理解できるわけもなく、姉妹で慰めあいながらも生きてきたわけですが、そんな母に対しても
旅行に連れて行ったり、プレゼントをしたりと親孝行してしまうのは何故かと思うと、なんだかんだ言いながらも愛されて育ててもらったという気持ちがあるからだと思うんですよね。

じゃないとハワイに連れて行こうなんて思わないし、妹もケアンズから毎年帰っては来ないと思うんです。

ライブで「いのちの歌」を歌っていて思うのは歌詞のなかにある
「生まれてきたこと、育ててもらえたこと、出会ったこと、笑ったことその全てに、ありがとう」というのがあるのですが、
ホントにそのとおりですよね。生まれてきたこと育ててもらったことに感謝するしかないというのは誰がなんといってもそうだと思うし、その親にいい人であることや尊敬出来る人格であることを求めてはいけないと思うのです。

親、であるだけで感謝でありがたいと思うことが、今生きていることを感謝する事なのかなって。

だからとりあえずは親孝行しておこうと言う結論になるんですよね。

今、自分がいるのは親のおかげ。今生きていて良かったって思うなら、まずはそこに感謝。
とりあえずは元気で長生きして欲しいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2018/03/30(金) 22:26:17|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<桜その1 | ホーム | ライブのお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する