FC2ブログ

御岳山荘


御嶽山に行って来ました。ケアンズから帰国中の妹と母と一泊旅行です。
晴れ女の私、ホントにいいお天気で山は綺麗~~⛰




頂上の御岳神社は美しく荘厳。



泊まったのは宿坊、江戸末期からある宿です。

<

食事は美味しくて心に沁みました。



今回つくづく思ったのは、宿の人たちの雰囲気の良さ。自然体で優しくてあったかい、それをすごく感じたんですよね。
母が頂上まで行くのはとっても大変なことでした。ケーブルカーで御岳駅までいっても、そこから宿までも坂を登っていくし、そのあと頂上の武蔵御岳神社までは坂の後に300段の階段があるんです。

どうやって登るか、下でまっているか、あれこれ考えていたのですが、「大丈夫ですか?」と母の脚を心配してくれる女将の前で、まさかの母がよろけてしまったんです!普段普通なのに、、
それを見て女将がご主人になんと、裏道を通って車で頂上まで送ってくれるように、頼んでくれたんです。

私と妹も便乗して一緒に、しかしその道のすごいことったら、狭いしくねくね曲がってるし、おまけにすごい角度の斜面、そこを信じられない速さで走ります。生きた心地がしないとはこのことですよ、妹も私も捕まって右に左に大幅にゆれていました。

それでもその道をあるくよりは100万倍楽です。母は大喜び。
到着後、妹と私で「アカデミー賞もののよろけ方だったわよね~」と大笑い。勿論母はホントによろけたのですが、タイミング良すぎ!母のよろけに感謝でした(笑)

そんな心優しい人たちがつくった食事には、その愛情がつまっているのか胸にせまる美味しさでした。
う~ん、なんというのかしら。何とも言えないあったかさを感じる食事なんです。

丁寧につくっているというか、一生懸命さが伝わるというか、

豪勢な食事でもないし、洒落ててスタイリッシュでもないのですが、趣のある食器に素材を活かした料理法で、又食べたくなる味なんです。これさすがの宿坊でしょうか、精進料理にちょっと似ているのですが、それよりちょっとご馳走。

とにかく、食事から人柄がうかがえるっていうのを初めて感じました。

歌から人柄が感じられるように、料理からも伝わるんですね。そんなこんなを考えた旅でした。



スポンサーサイト
  1. 2017/12/03(日) 20:59:33|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<今年最後のライブ | ホーム | クリスマスとリハビリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する