FC2ブログ

自由

今日は母と半日家で仕事。
と言っても手紙の整理とかだけど。

実は家のリフォームで外に出られない日が続いている。しかし今日はバレエのレッスン日、そこでその時間だけ母にお留守番を頼んだ、そのついでに私が帰って来てからも家の仕事をあれこれ手伝ってくれたわけ✌️️


色々話していると分かることがいっぱいある。

母の姉、つまり私の叔母は眼を患いあまりよく見えない、もう90を超えている。しかしその他はいたって元気。そして福岡の息子が一緒に住もう、と言っても断って入いる。

それはそうだろう、長年暮らした東京を離れる気がしないのは分かる、それに母の他に妹が同じように近くに住んでいるし。それでも母は

「行けばいいのに、せっかく息子が一緒にって言ってるのに。と言う。すかさず私は
「じゃあさ、ママもし九州に子供がいて一緒に住もうと言ったら行きたい?」と聞いてみた。
すかさず「嫌だ」と言って笑った。ほらね、いつだって自分の嫌なこと人に勧めるんだから(笑)

71歳の仕事の先輩は、夫を亡くしてそれはそれは落ち込んでいたけれど、元気に仕事をしている。
近くに住む娘さん家族が移り住んで来ようか、と言ってるけれど断ってると言う。

「だってさ、今は一人で全てが自由、何時に寝ても何時に起きてもいいし、何食べてもいい。これが五人家族がやって来て6人になってみてよ、大変で想像も出来ないわ」と。

この、自由というのは何者にも代え難く魅力的なものらしい。らしい、でなく私もそう思う。

その話を母にしたら「そうよ、自由が一番!」と大きく頷いた。

え~~😱😱

夫と娘を亡くして一人ぼっちで、寂しいんじゃなかったの~~?と、思っていたので、いつも気にしていたのだけど、その割にはどんどん元気になって行くなぁ、とも思っていたら。やっぱり!


そして続く「皆んなそう言ってるわ~~」と。


死別は悲しい、地獄に落とされたように悲しい、でも悲しみは時間とともに癒えて行くものだ。でなければ人は生きて行けないもの。そして、自由の身を味わってしまう。

悲しみが癒えて行くのは自由だからかもしれないし、その自由は一旦味合うと捨てられないかもしれない。どんなに仲の良い夫婦でも、何年かして夫が出張だと、なんて幸せ~~💞と思うのは多分全ての妻だろう。


自由っていいなぁ、本当に素晴らしい。この母を幸せにしてくれてるのが自由なら感謝に絶えない。


今日は外出できない不自由な日だったけど、その間の時間は何をしてもいい自由で、下手に仕事が入ってるより数倍楽で楽しかった(笑)


人は自由に生きるために生まれて来たのかもしれない、だからこんなにも自由に憧れる。
自由に選択できる事は何よりだ。

WHOの幸せの定義が「選択肢の多い事」と変わってから久しいけれど、つくづくそう思う。

自由に歌える喜びつくづく感じた。

母は幸せだ、それを感じられることが私の幸せだ。

自由だ。
スポンサーサイト
  1. 2017/11/02(木) 18:39:16|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<充電中~~❤️ | ホーム | 徒然>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する