FC2ブログ

レトロ

箱根に行って感じたこと、

御用邸

これはふる~い旧御用邸、菊華荘です。ここで朝食をいただきました。窓枠も木、アルミサッシなんかどこにもありません、
富士屋ホテルの隣にあります。ホテル同様ふる~い建物です。
これはホテルの一部、西洋館という建物です。

ふじや

ホテルって今凄いですよね、都内にあまりあるほど素敵なラグジュアリーなホテル、あります。
リッツ、アマン、コンラッド、ペニンシュラ、、、、などなど、、、、

どれも入るとわぁ~って目がハートになるような素敵な空間。センスもいいし、展示物もなにもかもおしゃれです。
それはホントによく変わるのだけど、そう、箱根もハイアットに泊まった時とっても素敵だったんです。


でも、今回何か違うものを感じました。

ふる~い、歴史のある宿、何人もの人が訪れた宿、そんなものがこもってるというか、なんというか、
その空気感、あ、好き!って思ったんです。

なんというか、そう落ち着くっていう感じ。緑があって水が流れていて、木で作られている建物。床、すべてが自然のぬくもりがあって、そういうのってなぜか落ち着くんですよね。

以前聞いた話ですが、バイオリンて作ってすぐはいい音がならないって、いろんな人に弾かれて、その人たちの魂が入ってどんどんいい音が出るようになるって。そう聞いたことがあります。

だとしたら、多くの人達が泊まってその人たちの思いやいろんなものが詰まっている宿、、、ってやっぱりなにか違うのかな。
そんな気がしました。だからロビーに入った瞬間、あ。って思ったのかもしれません。

見えない力や思いってそういうものかなって。あ、私宗教全く関係ないですから(笑)

そんな事を感じた旅行でした。




大涌谷
スポンサーサイト
  1. 2017/05/03(水) 14:52:58|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 停車場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する