a song for you

歌(音楽)と、それを通しての出逢いを大事にしたい、聴いてくれた人が元気になってくれたら嬉しい!         そんなマイペースなヴォーカリストの日記で~す♪

Entries

カルテット

何故かたまにドラマの最終回だけみることがある。ほとんどがたまたまなんだけど、今日もたまたま、それも途中からカルテットというドラマを見た。何故みてしまったかというと、音楽家たちの話だったからだ。

いわゆる成功ストーリーではなく、一流ではないミュージシャンたちの話だ。身につまされる話で引き込まれた(笑)

なにしろ今回しかみていないのであらすじも何もわからないけれど、売れないカルテットのグループが大ホールでコンサートを開くことになる、ひとりでも何かが伝わればいいというコンセプト、これ、すごく共感する。

練習期間中にある手紙がくる、内容は

「貴方たちは下手で才能もないのに、何故コンサートをするのか、何故やめないのか」という才能がないと悟って5年前に音楽をやめた人からのものだった。

これ、答えは簡単だ、「好きだから、演奏したいから」だと思う。ほかにある?反対に聞きたい
好きなもの何故やめたの?って。

劇中印象的な言葉はいっぱいあった。

「好きなものを趣味できたら幸せ、夢にしたら泥沼」
「3流のプライドもってやりましょう!」  
「ひとりでも、届いたらそれだけでいい」

コンサート中に帰る人が続出のなか、残った人たちで最後は盛り上がる。そして二流の彼らは音楽活動を続けていく。
ほかに仕事をしながら。

それで何が悪いのかと思う。素敵なことだ。音楽で食べていくのは難しい、そして食べるために音楽をする気はない。
それで何が悪いのか、一流じゃないならやっちゃいけないのか。大きなお世話。

ドラマの中のことだけど、一つ一つの言葉が胸に入ってきたなぁ。

一番うけたのは、3流のプライド、初めてきいたその言葉。いいかも(笑)

2流でも3流でも構わない、だれかが聞いてくれたら、誰かの心に届いたら。そんな気持ちは激しく共鳴できる。

ふと、そんなドラマの最終回を私が見たということはなにか意味があるのかもしれない。

スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

前田ひろみ

Author:前田ひろみ
歌も、思っている事も、
 大切に伝えたい♪

<プロフィール♪>
11月11日生まれ、AB型。
4歳からピアノを習う(しかし練習が嫌いで13歳で止める)学生時代は友人と趣味で歌って楽しむ。某航空会社に乗務員として勤務(世界中で出会った素敵な音楽は忘れられない!)後、ジャズコーラス(現在活動停止中)アカペラを経てソロで歌いだす事に。

地元、国立を中心に多摩地区でライブ活動を始めたが、ほぼ同じタイミングで渋谷から都内に進出♪
2007年4月からは地域の老人ホームでコーラス教室での
ボランティアに参加。お年寄りと楽しく歌っている♪

美山香蓉子師に師事。『歌う事は伝える事』がモットー♪
愛する家族と犬、心強い応援団に支えられてライブ活動中!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索